アイネット証券の自動売買システム、シストレi-NETのループイフダン

シストレi-NETはFX取引に用いる自動売買ツールです。独自開発型のツールであり、アイネット証券のみで使用可能です。
このツールはループイフダン機能を搭載。一つの口座で複数の自動売買スタイルを選べるのが、シストレi-NETiの特徴でしょう。
■ループイフダン機能とはどんなもの?
FX取引において新たに指値注文を出すとき、同時に決済指値を出すことができる注文方法を、IDF注文・IfDONE注文と呼びます。これは新規注文と決済注文が同時に完了するため、決済のタイミングをうかがい待つ必要がないのが特徴です。

ループイフダン機能は、このこの注文方法を繰り返しループする自動売買システムです。

先に新規注文と決済の基準となる数値を登録しておくと、その指示に合わせてシステムが自動売買でFX取引を行う。これを繰り返し行うのがループイフダン機能です。特徴は、ミラトレーダーなどと比べて仕組みがわかりやすく、FX取引をより容易に感じさせてくれる点でしょう。
初めて使う機能は使い勝手が面倒と感じることもありますが、ループイフダンはなじみやすいのも特徴です。

ループイフダンはコスト計算が楽で初心者でも利用できます

FX初心者にとって難しいのはコスト計算です。
ミラトレーダーを採用しているFX業者も多いですが、この方式はコスト計算が難しいという面があります。これは、スプレッドが変動制のために、利用者にスプレッドを常に提示することが難しいことが理由です。

しかし、シストレi-NETは、スプレッドを公式サイトで見ることが可能です。
サイトからいつでもスプレッドを確認することができるため、自動売買時のコストが想像しやすく、計算もしやすいという特徴があります。これはコスト計算などに不慣れな初心者にとってありがたいシステムです。

◆自動売買提供業者の中ではスプレッドが一番低い!
自動売買業者の多くはシステム利用料が無料ですが、その分、スプレッド幅の設定が裁量取引よりも広くとられています。米ドルの場合をいうと、だいたい2銭〜4銭の間で数値が変動します。これは裁量取引のスプレッドよりも広く感じるのですが、自動売買業者の中では一般的な数値となっています。

シストレi-NETのスプレッドを一定期間調査した結果、米ドルのスプレッドは2銭となりました。
このデータから、シストレi-NETのスプレッド幅が自動売買業者の中では狭いということが推測できます。

裁量取引はスプレッド分を利益で取り戻すことが必要であり、スプレッドを気にかけることも大切です。対して、自動売買は比較的容易にスプレッド分を取り戻すことが可能なため、スプレッドを細かく気にする必要はないと考える利用者も多いようです。
しかし、コスト計算に慣れていない初心者にとってスプレッドとコスト計算は気にかかるものでしょう。
シストレi-NETはこれらを比較的容易に感じることのできるシステムとなっています。初心者にとって理解しやすく、利用しやすい自動売買が可能であるといえるのではないでしょうか。

シストレi-NETの取引条件

アイネット証券のシストレi-NETで取引する際のトレード概要についてお伝えします。下記の一覧表を参考にしてみましょう。

取引手数料 無料
米ドル円スプレッド 0.7〜1.0銭(店頭取引)
取引単位 1万通貨
取扱い通貨ペア数 28種類
携帯電話・スマホ対応状況 NTTdocomo iモード/au EZweb/ソフトバンク Yahoo!ケータイ
iPhone/Android
会社名 株式会社アイネット証券

タイプ別・自動売買ツール

自動売買ツールを使いこなせ!

FX自動売買体験談

FX業者一覧