1000通貨で少額運用できるFXプライム byGMOの自動売買

FX取引の自動売買は多くの業者で最低取引通貨単位が1万通貨単位に設定されています。しかし、現在では顧客のニーズに答えるように、1000通貨単位での取り引きが可能な業者も増加しています。
1000通貨単位と1万通貨単位では自動売買にどのように影響をおよぼすのでしょうか。

まず、自動売買はご存知のようにトレーダーが自身で作成したストラテジーか、業者があらかじめ用意したストラテジーを使用して、一定のルールに従って売買を進めるものです。仮に最低取引通貨単位が1万通貨単位の場合、取引額が大きくなり、理論上や実績上の勝率が達成しにくくなってきます。損失が大きくなり、また細かい設定ができなくなるからです。1000通貨単位であれば設定もしやすく小回りがききますから、勝率が理論上の数値に非常に近くなってきます。

このようにFXの自動売買において1000通貨単位であることは大きなメリットがあるのです。よく「大は小を兼ねる」と言いますが、FX業界ではそれが当てはまりません。1万通貨単位では1000通貨分の取り引きはできませんが、1000通貨単位の設定であれば、1000通貨でも1万通貨でも取り引きができるのです。

通常のFX取引において見ても、1000通貨単位の最大のメリットは用意しなければならない資金がずいぶんと安く抑えられる点ではないでしょうか。その分、初心者の方でも、少ない資金を将来のために増やしたい方でも、安心してFXを始められるのです。では、1万通貨単位と1000通貨単位で必要な資金を見てみましょう。

1万通貨単位に必要な資金に関して、一般的には損失のケースを想定して、1つのストラテジーにつき30万円以上は必要です。例えば米ドルが1ドル=100円である際に1万通貨単位では1万ドル=100万円が必要になってくるわけです。ですので、レバレッジをかけたとしてやはり30万もしくは50万円程度は欲しいところです。

では、1000通貨単位ではどうなるのかというと、単純に言えば、1万通貨単位のときの必要資金に対して10分の1程度で問題ありません。先のように1万通貨単位で30万円が必要なケースであれば、資金は3万円程度が最低限というところになります。

ただし、このケースはあくまでひとつのストラテジーに対してです。通常はリスクヘッジも兼ねてポートフォリオに複数のストラテジーを組みますから、各ストラテジーに3万円ずつくらいは見ておくべきだと思います。
このように1000通貨単位は1万通貨単位に比べメリットが多いのが特徴です。





>> 人気ランキングを全部見る

タイプ別・自動売買ツール

自動売買ツールを使いこなせ!

FX自動売買体験談

FX業者一覧