ボリンジャーバンドの意外な落とし穴

ボリンジャーバンドはテクニカル指標の一つです。数あるテクニカル指標の中でも、初心者が魅了されやすいもののひとつです。

・±2σにおさまる確率が約95%
・ローソク足とバンドが描かれる、独特なチャート
・σという記号と標準偏差を使うということから、難しそうな理論

こういった特徴から、「これは素晴らしいテクニカル指標に違いない」という先入観を持ってしまいがちです。

もちろん、ボリンジャーバンドが使えないと言っているのではありません。それを使って利益をあげている人はたくさんいると思いますが、多くの人が通ってしまいがちな「落とし穴」があるということを知ってもらいたくて、あえてこういった書き方をしました。

その落とし穴とは、

・+2σに近づいたら売り、−2σに近づいたら買い

という売買ルールです。

この方法は、もっとも一般的なボリンジャーバンドの使い方でもあります。
ただ、ボリンジャーバンドの特徴を知らずに、このルールで運用してしまうと、あまりうまくいかないことがあるのです。そういう意味で、「落とし穴」と表現しました。

その、忘れてはならない「特徴」とは、「バンド自体も動く」ということです。だから、±2σの範囲に約95%がおさまるのです。グラフを見ればわかる当たり前のことですが、「明日は広がるかもしれない」ということまではイメージしづらい人が多いようで、結果、この売買ルールで失敗しやすいのです。

具体的に言うと、

価格が−2σにタッチした。
買ってみたものの、それからもどんどん値下がりした。
「おかしいな」と思い、チャートを見返してみたら、−2σのライン自体も下がっていた。

このような現象が起きうるということです。

こういったことを理解した上で、「今回は買うべきかどうか」を判断できるようになれば、ボリンジャーバンドの真の実力を活用できるようになるのではないでしょうか。

ボリンジャーバンドの欠点対策について

先ほどボリンジャーバンドについての欠点についてお話をしました。これだけ魅力のトレードツールにも関わらず、このような欠点があってはなかなか使いづらいですよね。それではどのように対処すればいいのでしょうか。

その単純な解決策としては、ひたすらナンピンをして損失を軽減し続けるというのがあります。しかしナンピンは危険との隣合わせになります。そのまま戻れば良いのですが、そうならない可能性もあります。高い確率で戻る可能性がある時は有用かもしれませんが、そうでないのならあまりオススメしないやり方になります。

もう一つは、ボリンジャーバンドのバンドに跳ね返されないことを予見することです。そんなことできたら苦労はしないと思われることでしょう。確かに完全に予見することは不可能です。しかし、ある程度予想することは十分に可能なのです。その時のツールがADXになります。

ADXはトレーダーなら一度は使ったことはあると思いますが、見てもらいたいのはこのADXとボリンジャーバンドのチャートがシンクロしているかどうかなのです。見方は簡単でもしADXとボリンジャーバンドがシンクロしていれば、そのまま逆張りでも大丈夫な可能性は高いのですが、その逆のシンクロしていない場合は注意が必要です。

シンクロしていない時のサインは、そのままボリンジャーバンドがバンドウォークする可能性が高くなっている証拠なのです。もしこの方法を使うのであれば、シンクロしていない時のエントリーは控えた方が無難でしょう。

エクスパンションについて

まずエクスパンションの話をする前に、スクイーズの話をしましょう。スクイーズとは、値幅が落ち着いてきてボリンジャーバンドも安定期に入り、どちらのラインも接近していることをスクイーズと呼ぶのです。このスクイーズでは、ボックス相場になってることが多く、ラインに近づけば戻りまた戻りの繰り返しを続けることです。レンジ相場の場合ですと、どうしても騙しが多くなることがあるので気をつけないと痛い目を見ることでしょう。

さてここからが本題になります。エクスパンションの時はバンドウォークすることが考えられるのです。その時は、トレンドを意識しながら、無理にエントリーをせずにフォローしながら入るのが良いでしょう。

ボリンジャーバンドは非常に効率のいいツールではありますが、このように騙しに会うことも多々あります。過信をしてはいけないのですが、それ以上に最悪の場合を想定して動かなければ損失が膨らんでしまいます。今話した内容は最低限の対策方法に変わりはありません。自分なりにさらにリスクマネジメントできるような方法を確立することが、今後のFX生活に置いて自ずと利益をもたらすことになるでしょう。

まずは実際にボリンジャーバンドに触れて見て、どのような動きをするかしっかりと確認してから運用するようにしましょう。





>> 人気ランキングを全部見る

タイプ別・自動売買ツール

自動売買ツールを使いこなせ!

FX自動売買体験談

FX業者一覧