ボリンジャーバンドの意外な落とし穴

ボリンジャーバンドはテクニカル指標の一つです。数あるテクニカル指標の中でも、初心者が魅了されやすいもののひとつです。

・±2σにおさまる確率が約95%
・ローソク足とバンドが描かれる、独特なチャート
・σという記号と標準偏差を使うということから、難しそうな理論

こういった特徴から、「これは素晴らしいテクニカル指標に違いない」という先入観を持ってしまいがちです。

もちろん、ボリンジャーバンドが使えないと言っているのではありません。それを使って利益をあげている人はたくさんいると思いますが、多くの人が通ってしまいがちな「落とし穴」があるということを知ってもらいたくて、あえてこういった書き方をしました。

その落とし穴とは、

・+2σに近づいたら売り、−2σに近づいたら買い

という売買ルールです。

この方法は、もっとも一般的なボリンジャーバンドの使い方でもあります。
ただ、ボリンジャーバンドの特徴を知らずに、このルールで運用してしまうと、あまりうまくいかないことがあるのです。そういう意味で、「落とし穴」と表現しました。

その、忘れてはならない「特徴」とは、「バンド自体も動く」ということです。だから、±2σの範囲に約95%がおさまるのです。グラフを見ればわかる当たり前のことですが、「明日は広がるかもしれない」ということまではイメージしづらい人が多いようで、結果、この売買ルールで失敗しやすいのです。

具体的に言うと、

価格が−2σにタッチした。
買ってみたものの、それからもどんどん値下がりした。
「おかしいな」と思い、チャートを見返してみたら、−2σのライン自体も下がっていた。

このような現象が起きうるということです。

こういったことを理解した上で、「今回は買うべきかどうか」を判断できるようになれば、ボリンジャーバンドの真の実力を活用できるようになるのではないでしょうか。





>> 人気ランキングを全部見る

タイプ別・自動売買ツール

自動売買ツールを使いこなせ!

FX自動売買体験談

FX業者一覧