FXで自動売買ツールを使うデメリットってあるの?

PCのモニター上に自動売買ツールの画面を表示し、実際にトレードを始めて見た人は例外なく次のように語ります。

「思っていたほど難しくなかった」
たとえば、以下の外為ドットコムが運営するデモトレードのサイトでは、入会金や手数料が無料で実際の口座開設の手続きをしなくても仮想(バーチャル)取引が可能です。なので、興味のある人は一度モニター画面を見つめてみてください。

外為どっとコムだけではなく、全ての自動売買システムを取り入れた業者の取引画面は、まるでオンラインのシミュレーションゲームをしているかのようなのです。

確かに、取引を始めた人が一様に「簡単だ」と言うのは当然のことでしょう。
しかし、実はこの「簡単」の中にデメリットは隠れています。

実際の取引をするとなると、証拠金という一定金額を口座に納め、損が出れば証拠金が無くなる可能性があるだけでなく、追加の証拠金を入金しなくてはならない事態になることもあります。長い期間をかけて蓄えてきた資産を一瞬にしてゼロにしてしまった上に、借金までしなくてはならなくなることがあるのです。

現在、FXトレードの証拠金率は25倍まで。つまり口座に10万円の現金が入金されていれば、その25倍の円建て資産に投資することができます。1ドル=80円であれば、3万1250ドルまでドルを購入または売却することができるのです。

もしも、1ドル=80円で3万1250ドルのドルを購入していて、円高ドル安傾向になり、一瞬にして1ドル=79円になったとしたらどうなるでしょうか?

79円×3万1250で246万8750円の資産価値しかないことになりますから。3万1250円の不足金が生じ、取引を続けるとなるとそれに対する証拠金1250円を追加で入金しなければなりません。追加証拠金が発生する、つまり追証が必要になる事態になるわけです。

それが、まるでゲーム画面の中のようなところで行ったことで決まってしまうのですから怖いのです。

簡単に取引できる、ゲームのような感覚で参加できることが、さして深く考えることもなく、場合によっては多大な損害を出すことにつながってしまう可能性があることが自動売買のデメリットだと心しておくのが賢明でしょう。





>> 人気ランキングを全部見る

タイプ別・自動売買ツール

自動売買ツールを使いこなせ!

FX自動売買体験談

FX業者一覧