デモ取引で感覚をつかもう

ミラートレーダーの売買戦略選択型投資に似ていますが、ミラートレーダーのプラットフォームを一切使わずに、トレードできる仕組みがあります。
それが自動売買デモ取引。

シグナルプロバイダーという業者がシステムを開発し、トレーダーの資金を運用してくれるものです。

運用成果はリアルタイムで公開されているので、デモンストレーション取引=デモ取引と名付けられているわけです。

ミラートレーダーの場合は、2010年にシステムが変更されシステムプロバイダーの採用基準が厳しくなりました。基準が厳しくなったことでデタラメのシステムを提供する業者が排除されたわけですが、才能があっても資本力がないトレーダーなどが運用するシステムも提供されにくくなっているわけです。

その業者の参入障壁を取り払ってしまったのが自動売買デモ取引。名が知られている大手の業者としてZULU Tradeがあり、1200以上のシグナルプロバイダーがサービス提供を行っています。

もちろん、シグナルプロバイダーは玉石混合なのですが、デモ取引でリアルタイムの成績がランキング形式で公開されていることもあり、シグナルプロバイダーを選別しながらの運用も可能です。中にはものすごい運用成績を上げている凄腕シグナルプロバイダーもいます。利用料はZuluTradeに支払う金額はなし。シグナルプロバイダーに対しては1万通貨の取引当たり50円を支払うことになります(ZuluTradeはFX取引をするFX業者のスプレッドの中から報酬を獲得し、運営しています)。

この自動売買デモ取引で特筆すべきは、シグナルプロバイダーを利用する単なるトレーダーで参加するだけでなく、自らもシグナルプロバイダーとして登録して、トレーダーからの手数料を得ることができるようになることです。

ただし、デモ取引であるだけにリアルタイムの取引状況が公開され、運用成果が上がっていなければ利用してくれるトレーダーが全く無い状態が続くだけでなく、運用成績が悪いシグナルプロバイダーとして悪い意味で目立ってしまうこともあるので、そのことについてはある程度の覚悟が必要だと言えるでしょう。





>> 人気ランキングを全部見る

タイプ別・自動売買ツール

自動売買ツールを使いこなせ!

FX自動売買体験談

FX業者一覧