Excelの計算式を使った自作システム

FX自動システムを自分で作ろうとする場合、以前ですとエクセルによって計算式を立て、チャートを作ったりバックテストを行ってきました。

ところが、この方法だとかなり数学やエクセルに通じていないと複雑なシステムは作れません。もっと自動システム作成を簡単にわかりやすく手助けしてくれる専用ソフトがないかと思っていると、メタトレーダー4(MT4)というソフトに行き当たりました。

メタトレーダー4は、ロシアのMetaQuotes社が開発したFXのトレーディングソフトです。特筆すべきは、なんとフリーソフトであること、実行可能なことです。だれでも無料にダウンロードして、見やすいチャートを作成でき、バックテストのみならず、このソフトによる売買可能なFX業者の口座を持っていれば、実際に自作システムを動かすことができるのです。

ただし、FX初心者が簡単に作ることができるものではありません。自動システムを作るには、ある程度のテクニカル指標やストップロスなどの基本知識が必要です。そして、しっかりバックテストを行い、トータルの利益だけでなく、期間ごとの平均利益、途中での最大ドローダウンの大きさなど、取引をつづける上で必要な情報を得られるようにならないと、なかなか自作システムはうまくいかないでしょう。

その点、エクセルで計算式のはじめから作っていくことは、現在でも意味があることです。基礎から学んでいけば、そのテクニカル指標の意味もよくわかります。たとえば、ボリンジャーバンドとは標準偏差のことであり、標準偏差とはどんな計算式で出すものか、ということをきちんと把握しないと、本当の意味でボリンジャーバンドを使いこなすことはできないでしょう。





>> 人気ランキングを全部見る

タイプ別・自動売買ツール

自動売買ツールを使いこなせ!

FX自動売買体験談

FX業者一覧