自動売買中級者向けの手法を提案

FXの中級トレーダーになると、数多くのFX取引の理論が頭の中に入っていることでしょう。そうなってくると、業者が用意したような自動売買ツールでのチャートパターンに基づいた注文だけでは、自分が注文したい取引手法を取れないことがあります。

たとえば利益率アップを狙うよりも買い注文を出すポイントを遅くし、決済時期を早め、勝率を高めたい人などは、ツールの投資戦略をそのまま使いながら仕掛け、手仕舞い時期だけをオリジナルに変更したいというような人もいるでしょう。

現状ではFX業者の顧客獲得競争激化により、無料ツールの投資戦略数はどこも横並びになりつつあります。そこで、その投資戦略に若干のカスタマイズが加えられるような手厚いサービスを提供している業者とそのツールを見ていけばいいのです。より自分の投資戦略にあった手法が使え、納得のいく投資結果が得られるでしょう。

中級者がぜひ挑戦したい「両建て」のシステムトレード

ここで、株の世界で言うプロの手法、両建ても駆使できるようにツールを使っていきます。後述しますが、IFOという自動売買の注文タイプ(ほとんどの業者のツールで使えます)で、複数の注文を同時に走らせれば、相場が思い描いていた姿のようにならなくても、ある程度の結果は残せるようになるでしょうし、大損失を出すこともなくなるのです。

両建ては、ロング(買い)とショート(売り)の両方のポジションを持つことです。これによりロングのみやショートのみよりもリスクを抑えることができます。裁量トレードでもプロが多用する方法ですが、自動売買にこれを取り入れることで安定した成績を生み出せるようになります。なぜなら、どちらかの相場に大きく触れることがあっても両建てしているため相殺され、純粋なストラテジーの仕組みだけが働きやすくなるからです。自動売買にしばらく取り組んだ中級者の方がまずシステムに取り入れたい手法です。

もちろん、確率が上がっていく反面、投資効率は大成功したときより劣っていきますが、これは投機ではなく投資なのですから、ある程度までは仕方のないことだと納得する必要があるでしょう。そうやって確実性を上げた上で、投資効率面でのアップを目指すことが上級者への道となります。

ちなみに、自動売買の両建て戦略は特殊なイメージがありますが、実は既存のストラテジーにも両建て戦略のものがあります。そのため、新たにシステムを構築する必要はなく、比較的だれにでも簡単に行うことが出来ます。

円高に動けば買いのシステムが、円安になれば売りのシステムが利益を出すため相場がどちらに動いても効果的ですが、もっとも効果を発揮するのはトレンド相場よりもレンジ相場です。どのような両建て戦略を取るのかにもよりますが、基本的にトレンドがはっきりしている場合は素直にロングもしくはショートで攻めた方がわかりやすいので、レンジ相場を見極められるとよいでしょう。また長期よりも、短期トレードのほうが両建ての自動売買がしやすい傾向にあります。

長期トレードではスワップポイントが大きなメリットになりますが、両建てする場合はロングとショートのスワップポイントがそれぞれ相殺されてしまいます。しかも多くのFX会社は売りと買いのスワップポイントが同等ではないので、差額分のスワップポイントを負担しなければならないことが多いのです。このため自動売買の両建て戦略は、中級者以上のある程度の見極めができるトレーダーに有力。ハマれば大きな利益を狙えるためオススメです。

「ZuluTrade」のシグナルプロバイダーを利用する手もある

また、シグナルプロバイダーを利用するという手もあります。シグナルプロバイダーとは、独自の投資手法でFXトレードの委任取引をしてくれる業者。自動売買デモンストレーションサイト(ZuluTrade)で多数のシグナルプロバイダーがリアルタイムの運用実績を公開していて、成績が良いシステムプロバイダーに一般の投資家が運用を一任することも可能です。

しかし会ったこともないトレーダーに一任することは危険ではないのでしょうか?実際のところ、シグナルプロバイダーのトレーダーは厳選されており高い信頼性があるとされています。シグナルプロバイダーのトレーダーになり委任されるためには、ZuluTradeに仮登録した後15週間にわたって一定の結果を残さなければなりません。

さらにそれだけでは多くの指名を受けてトレードを委任されることはなく、同サイト内において約80位以内の上位(約10000人中)のトレーダーが安定して委任されている現状があります。そのような結果を残し続けているトレーダーを指名することで、その取引と同じトレードがあなたの口座においても再現されるのです。こちらの戦略ももちろん100%確実に利益を生めるわけではありません。

またこの投資手法は一見して初心者向けの様にも見えますが、シグナルプロバイダーの投資手法や相場観を理解せずに投資するのは、運用成績のランキングだけ見て投資することになり、後で大やけどを負いかねません。

そのためシグナルプロバイダーの利用は初心者向けというよりも、最低でも選択型のシステムトレードを判断する目利きがある中級者以上に適した方法です。できる範囲内で、中級者は自分が投資によって蓄積してきたある程度の投資戦略が打てる、なおかつ成果が上げられる手法を取ればいいのです。それが中級者の自動売買戦略の基本方針といえるでしょう。





>> 人気ランキングを全部見る

タイプ別・自動売買ツール

自動売買ツールを使いこなせ!

FX自動売買体験談

FX業者一覧