自動売買で大損した!?

FX取引の自動売買は、ご存知のようにパソコンの前にいなくても、あらかじめ設定されたストラテジー(売買戦略や投資ルールと呼ばれるもの)に従って、取引プラットフォームが自動で売買を進めていってくれるものです。

仕事に出かけていても寝ていても、ほぼ24時間稼働し続ける為替市場をしっかりと監視し、指定しておいた取引タイミングにしっかりと売買をしてくれる、優秀な部下を味方につけたようなものです。

しかし、この自動売買で大損をしたと、怒り心頭でインターネットの掲示板やブログなどで書き込む方がたまにおられます。あらかじめ決めておいた売買ルールに取り引きが実行されなかったり、いつの間にかマージンコールがかかってしまったりと、トレーダー自身の判断で自動売買を停止しなければもっと損をしたという話も聞かれることでしょう。

自動売買においては淡々と感情を排し、システマチックに決められたルールに従って売買をするのですから、大損ということはありえないだろうと考えている方も多いことでしょう。しかしながら、自動売買を利用したことで儲けも出せず、損をするということは少なからずあるのは事実でもあります。

自動売買だって完璧ではない

自動売買とはいえ、損失を出す場合もあります。それはストラテジーに完璧なものなど存在しないからです。為替相場は各国の政情や経済状況、市場における需要、その日のニュースのほかに、取り引きを実際にしているトレーダーたちの心理状況にも影響されます。値動きは非常に複雑で、人の心のように周囲に影響されるわけです。そんな為替レートですから、近未来であってさえも誰にも予想はつかないのです。ですから、完璧なストラテジーをプログラムすることは不可能です。

そのため、自動売買を使ったからといって必ずしも大儲けができるわけではありません。そのかわり、通常においては大きな損をする確率も非常に低くなります。

FX自動売買には損切りなどの設定も可能ですし、できる限り自分でも値動きを監視したり、経済ニュースなどをよく読んで、ここはというときにご自身の判断で動くという、リスクヘッジを同時にすれば、大損ということは確率的に低くなることでしょう。数種類のストラテジーを組み合わせることでも大損をするような可能性は低くなりますので、よく勉強をして、リスクヘッジを心がけましょう。





>> 人気ランキングを全部見る

タイプ別・自動売買ツール

自動売買ツールを使いこなせ!

FX自動売買体験談

FX業者一覧