自動売買ツールを使うメリットとは何か?

FXで自動売買システムを使うメリットは、なんといっても既成の概念にとらわれすぎて、複雑な感情が入り乱れて冷静な取引ができなくなってしまうことを防ぐことができることでしょう。

金融取引の世界では、買い玉、売り玉という買い注文数、売り注文数のことがしばし話題になります。それは、人間の心理を表すものとして専門家はとらえていて、大口の投資家は思惑に沿ったレートになるように大口の注文を出し、相場変動に影響を与えようとすることがあります。

株式の世界では投資信託のファンドマネージャーや金融機関の職員である専門職のトレーダーなど機関投資家と言われる存在が大口投資家です。実際に東京証券取引所の売買額の8割近くは機関投資家が出していると東証から発表されているので、事実上、株価は機関投資家の意向によって決まってしまうケースも多々あります。投資の初心者向けに書かれた指南書の中にあるPERやPBRといった指標があまりあてにならないのは、そのためでもあるのです。

それ故に株の個人投資家は思惑が外れ、狼狽売り、狼狽買いを繰り返すのだとも言われます。

同じことが為替の世界でも存在し、日銀など各国の中央銀行(実際には自国通貨買いが制限されている政府が、国家予算の決められた枠組みの資金で行う場合が多い)などが為替市場に介入し、為替レートが一定の範囲で収まるように仕掛けることがあります。

円高が急激に進んだときに、日銀の為替介入が指示されたというニュースが流れたことを覚えている人も多いでしょう。

為替取引の世界は株の「銘柄」にあたる存在が「通貨」しかなく、大口の取引が行われている通貨は先進国が使っているものに集中しますので、政府が予算を使って介入などしない限り、トレンドの流れを強引に変えることは不可能だと言われていますが、その中央銀行による為替介入を持ってしてもトレンドは変わらないことがあり、投資家は狼狽してしまうことがあるようなのです。

その狼狽売り、狼狽買いを防ぎ、思惑が外れたときには最小の損失で済むようにできるのが自動売買システムの特長でもあります。

自動売買システムならば、為替変動の要因について詳しく知っている必要もなく、不測の事態を想定するまでの経験もいりません。

極めてシステマチックに、そして簡単に始められるメリットがFXの自動売買にはあるのです。





>> 人気ランキングを全部見る

タイプ別・自動売買ツール

自動売買ツールを使いこなせ!

FX自動売買体験談

FX業者一覧