通常の注文方法を利用した自動売買

自動売買の基本的な設定はOCO(One Cancel the Other)、IFD(イフダン=if done)、IFO(IFD+OCO)があります。

OCOとは、自動売買ではない通常の注文で意味する指値注文を予め設定しておき、指値の価格になったときに注文が実行されるものです。

たとえば、1ドル=80円のときに1ドル=82円になったら揺り戻し=円高ドル安になることを見越して、ドルの売り注文。1ドル=78円になったら、同様に揺り戻しで円安ドル高になることを見越してドルの買い注文を実行するように設定しておくことです。このとき、どちらかの取引が成立すれば、もう一方の取引はキャンセルされることとなります。

対してIFDとは、1ドル=80円のときに1ドル=78円になったらドルの買い注文を出しておき、その時に買ったドルを1ドル=82円で決済するという指値の買いと決済を指定しておける方法です。

また、IFOとはOCOとIFDを組み合わせた取引のタイプ。1ドル=80円のときに1ドル=78円になったらドル買いで、その後1ドル=85円になったら決済あるいは1ドル=75円になったら損切りの決済の注文を出せます(利益確定または損切りどちらかが確定すれば、もう一方の注文はキャンセルされる)。この場合は、ドル買いまでがOCOの自動売買のシステムが稼働し、その後の利益確定決済または損切り決済までのシステムではIFDのシステムが稼働します。

現状では、ほとんどのFX業者がOCO、IFD、IFOのシステムタイプの利用が可能となっています。

ただし、相場が大きく動きすぎたときには注文が殺到し、約定が指値通り行われないことも現実にはあります。これをスリッページといいますが、相場が大きく動いたときにどの業者でも仕方なく起こってしまうスリッページだけでなく、システムが脆弱なFX業者がしばしばスリッページを起こすケースも見られます。

当然のことながら、スリッページが頻繁に起こる業者は敬遠することです。スリッページが多発する業者は財務局から業務改善命令が出されますし、投資家のブログにも書かれます。実際に遭遇しなくても良かったはずのスリッページの被害に遭う前に、「スリッページ 業者」などのキーワードでネット検索して、業者を選ぶことも重要なようです。





>> 人気ランキングを全部見る

タイプ別・自動売買ツール

自動売買ツールを使いこなせ!

FX自動売買体験談

FX業者一覧