システムの再利用

相場の変化によって、システムも転換、変化させなければならないのですが、では、かつて使っていて今は使用していないシステムを再度利用することはあるのでしょうか?

答えはイエスです。私の経験からも、2年間で約5%ぐらいのシステムを再利用しています。ですから、相場が千変万化するのと同様に、私たちもあらゆるシステムを用意しなければならないということです。過去のシステムもしかり。

では、このように再度使うということは、単純に相場の動き方が変わるということだから、自分で判断してさっさと切り替えてしまえばいいのでしょうか?

もちろん、それがもっともよいタイミングでできれば言うことなしでしょうが、実際には非常に難しいのです。相場が一定の動きになってから、後付で説明できた時はもう遅い、といことがほとんどです。一方、変化が起こったと自分で勝手に判断して、いきなりシステムを換えたりすると、逆に悪い結果になる危険も大きいのです。

一つの解決方法としては、様々なシステムの損益パターンを分析し、これも基準値をつくって、ある一定の成績をあげられなかったら、その相場に適合しそうなシステムに換えるということです。

円安に強いシステムなのか、円高に強いシステムなのか、レンジに強いシステムなのか、リーマンショックのような大相場にかえってよい結果を出すのかなど、そのシステムの損益パターンをあらかじめ把握しておき、その基準値を下回ったら相場の変化が起こったものと判断するというわけです。





>> 人気ランキングを全部見る

タイプ別・自動売買ツール

自動売買ツールを使いこなせ!

FX自動売買体験談

FX業者一覧