VBAを利用してみよう

VBAとはマイクロソフト社が自社製品(ここでは主にエクセルを指しています)に独自の機能拡張を施すために開発されたプログラミング言語です。元々同社で開発されていたプログラミング言語のVisual Basicを基本にマクロ言語用に改造されたものです。

つまり、これらVBAを利用した売買シグナルのシステムをエクセルで独自に作り上げ、それを自動売買に利用するというのがこのページの話なのです。現在では多くの業者でAPI(金融事業者の提供する取引システムと自作のプログラムの間の通信上の取り決め)が利用できるので、独自のシステムを使ってすべて自動化することが容易になっています。

VBAで自動売買は簡単!?

自動売買のシステムには大きく分けて次の3つの機能が必要です。

1.為替データ取得機能
2.ストラテジーに基づく売買サインの発信機能
3.自動発注機能

VBAで自動化システムを構築するには上記の3つの機能を盛り込んだ上で、独自のストラテジーを練りあげて作成します。VBAでシステムを作り上げるにはそれなりの知識が必要となります。為替に対するものやFX市場について、またVBAの知識などです。

ですので、初心者にはやや難しいかもしれませんが、ネットなどで構築の方法などが紹介されているので、それらを参考に作ってみるのもいいかもしれません。VBAで書かれたサンプルプログラムが提供されているサイトや業者もあるので、チェックしてみてください。

以前は売買シグナルを出すプログラムを自分で作って、注文自体は手動というものが普通でしたが、現在ではエクセルから売買注文まで自動化できるようになっています。

それはAPI(Application Programming Interface)を利用することが可能になったからです。APIで業者を利用すればVBAだけではなく、基本的にどのようなプログラムでも売買システムを作成して取引ツールに搭載ができるようなります。

ということは、取り引きをする場合に、業者の提供する取引システムを必ず使う必要がなく、独自のシステムで快適に、かつ自由度を飛躍的に広げて取り引きができるようになるのです。 ただし、APIの利用は上級者向けの手法です。ある程度のプログラミング能力を持っていることが条件になるからです。それでも挑戦してみる価値はあるはずです。

そのかわり、バックテスト(検証)をしっかりしてから実行することを勧めます。今後どの程度リスクがあるか、また、どのくらいリターンが見込めるのかなど大まかにでもいいので予測しておきながら導入するべきです。





>> 人気ランキングを全部見る

タイプ別・自動売買ツール

自動売買ツールを使いこなせ!

FX自動売買体験談

FX業者一覧