売買戦略を自作するタイプの自動売買ツール

FX業者が提供する自動売買ツールを大きく2つに分類すると、売買戦略選択型と売買戦略自作型に分けられます。

効率の良い投資手法が簡単に選べることからミラートレードを含めて売買戦略選択型の自動売買ツールのサービス提供が多くなります。が、自らの投資理論を実践したいと考えるトレーダーのうち、MT4によるプログラミングが行えない場合は売買戦略自作型を選ぶ必要があります。

FX業者が提供するツールの中で非常に使い勝手の良い売買戦略自作型を選ぶとすれば、以下の2つが候補として上がってくるでしょう。

マネーパートナーズの「ハイパースピードNEXT」
マネースクウェアジャパンの「トラップリピートイフダン」

上記のマネーパートナーズ「ハイパースピードNEXT」を例に挙げ、売買戦略を自作し、実際に利用するための設定方法を追ってみましょう。

「売買ルールの作成」
テクニカルと条件を設定します。条件は複数の設定が可能で、複数設定をした場合は、それらの条件が全て満たされた場合のみ売買が実践されることになります(データベース検索などを利用する場合のAND条件と同じ)。
また、条件設定で「買い」「売り」「強制決済」のルールを作成しておけば、次のストラテジ構築時に作業の手間が省けることがあります。

「ストラテジの構築」
表示される「買」「売」「強制決済」の欄にそれぞれの売買ルールを割り振っていきます。こちらは「売買ルールの作成」とは逆に、複数のルールが設定されている場合はどれかひとつの条件が満たされれば売買が成されることになります(データベース検索などを利用する場合のOR条件と同じ)。

「バックテストの実施」
このバックテスト機能を実践してみることによって、自らが構築した売買戦略が効率的なものなのか否かも瞬時に調べ上げることが可能です。

「実践」
プログラムの知識が無くても、FXトレードの知識さえあれば簡単に設定が可能です。売買戦略選択型では満足できない人はこちらの機能も試してみることをお勧めいたします。





>> 人気ランキングを全部見る

タイプ別・自動売買ツール

自動売買ツールを使いこなせ!

FX自動売買体験談

FX業者一覧