ミラートレーダーで自動売買

FXトレードの中級者以上になってくると、必ずやミラートレーダーを利用するか否かについて悩むことになるでしょう。

ミラートレーダーは売買戦略選択型の自動売買ツール。イスラエルTradensy社が開発したFXトレードのオープンプラットフォームです。

そのオープンプラットフォームを活用し、各FX業者がシステムプロバイダーが開発したトレードシステムを自社のサーバ内で利用できるような仕組みにして、トレーダーに提供しています。

最近ではFX業者でも積極的にミラートレーダーのシステムを自社へ独自に導入し、「初心者でも簡単に高度な自動売買を行えるようになる」との触れ込みで、集客しています。そして、実際にミラートレーダーを採用しているFX業者はうなぎ登りに人気が高まってきています。ミラートレーダーを採用している業者は下記の通りです。

インヴァスト証券の「シストレ24」
FXCMジャパン証券 「ミラートレーダー」
セントラル短資FXの「ミラートレーダー」
FXトレード・フィナンシャルの「オートFX」

もう少し詳しく説明してみます

そのような説明だと少しわかりにくくなってしまうかもしれません。そこでちょっと強引にパソコンとOS、プログラムを例えにしてみましょう。

PC WindowsなどのOS マイクロソフト・オフィス等のプログラム
MacなどのOS Adobeイラストレーター等のプログラム
      
ブラウザ ミラートレーダー ストラテジープログラム
ミラートレーダー ストラテジープログラム


今でこそ、マイクロソフトオフィスはMacOSで、イラストレーターなどのプログラムはウインドウズで動きますが、少し昔はオフィスはウインドウズのみ、イラストレーターはMacOSでしか動きませんでした。その時代のことを基本に考えてみてください。

インヴァスト証券の「シストレ24」がウインドウズ、FXトレード・フィナンシャルの「オートFX」をMacOSとして考えてみると、「シストレ24」で機能するプログラムと「オートFX」で機能するプログラムが違うということが理解いただけるかもしれません。本来の仕組みはそうではないのですが、便宜的にFX業者が自社のサーバ上で機能するミラートレーダーをカスタマイズしてしまって、使えるプログラムを絞り込んでいると考えても差し支えないでしょう。

ただ、ここでまた疑問が浮かび上がります。
利用できるプログラム数が多い方がトレーダーの選択肢が増えるので、プログラムを絞り込む必要はないのではないか、と。

ミラートレーダーに対応しているプログラム数は300以上もあります。
もしかすると、サーバが脆弱なため、プログラム数に制限をかけているのではないかと誤解する人も出てくるかもしれません。

が、プログラム数が絞り込まれているのは、ミラートレーダーがバックテスト機能が効かないためなのです。バックテスト機能が効かない=プログラムの過去の運用成果の検証ができない、のですから全てのプログラムを取り入れてしまうと極めていい加減なシステムもトレーダーに提供してしまうことになるかもしれないのです。

それ故に、親切なFX業者は、独自にミラトレーダー上で作動するプログラムを検証し、運用成績が良い物だけを採用するようにしています。
さらに、バックテスト機能が効かないので、過去の運用成績がランキングの一覧で閲覧できるようなサービスを提供している業者もあります。

売買戦略選択型の自動売買ツールは、プロが考えた投資理論で運用成果が上がるようなプログラムが多数提供されています。ミラートレーダーのサービス提供がよくわからなくて、システム導入をためらっているトレーダーは以上の仕組みをしっかりと頭の中に入れれば、売買戦略選択型の自動売買ツールの利点を最大限に生かすことができるかもしれません。

ミラートレーダー型、と銘打たれているのであれば、FX業者のオリジナルツール名にためらうことなく、どのプログラムが利用できるのか、そしてその過去の運用成績は今後の自分に利益をもたらしてくれるのかどうかと言う点に注目して、サービス提供を受けてみると良いでしょう。





>> 人気ランキングを全部見る

タイプ別・自動売買ツール

自動売買ツールを使いこなせ!

FX自動売買体験談

FX業者一覧