オリジナルの自動売買ツール

自動売買取引を取り扱っているFX業者の中には、独自のシステムを組みオリジナル自動売買ツールを提供している例があります。

オリジナル自動売買ツールの売買ルールには大きく分けて売買戦略選択型、売買戦略自作型があり、さらにわかりやすく細分化すると以下のようになります。それぞれの提供FX業者、ツール名は異なってきます。

・ストラテジー選択型の自動売買ツール(売買戦略選択型)
インヴァスト証券の「シストレ24」
FXCMジャパン証券 「ミラートレーダー」
セントラル短資FXの「ミラートレーダー」
FXトレード・フィナンシャルの「オートFX」
ひまわり証券の「エコトレFX」
・岡三オンライン証券の「アルゴトレード365」(くりっく365対象)

・テクニカル分析から自動売買をするツール(売買戦略選択型)
FXプライム byGMO証券の「ぱっと見テクニカル」
IGマーケッツ証券の「トレーディングセントラル」

・ストラテジー選択+オリジナルストラテジー設定型ツール(売買戦略自作型)
マネーパートナーズの「ハイパースピードNEXT」

・レンジを設定しIFO取引を繰り返すツール(売買戦略自作型)
マネースクウェアジャパンの「トラップリピートイフダン」

上記の例からすれば、「オートFX」と「Quickチャート・トレード+」は全く別の売買ルールで自動売買が成されることにあります。一部、カスタマイズが可能な例もありますが、「オートFX」と「Quickチャート・トレード+」を組み合わせたシステムは利用することができません(そういったシステムを利用したい場合は、自分でMT4のプログラムを書き込み、システム設計する必要があります)。

また、これらはFX業者のオリジナルシステム(あるいはオリジナルシステムを取り扱っている運用会社の独自にルールを採用している)であるために、スプレッドやスワップポイントはツールを提供するFX業者が定めたものが適用されます。FX業者の顧客獲得戦略の一環としてサービス提供が成されていますから、ツールの利用料は無料です。

ただし、マッキントッシュのパソコンでは使えないケースが多々ありますので、Macユーザーは注意が必要でしょう。





>> 人気ランキングを全部見る

タイプ別・自動売買ツール

自動売買ツールを使いこなせ!

FX自動売買体験談

FX業者一覧