売買戦略選択型の自動売買ツールのメリットとは

「裁量トレードの成績が安定しない」「システムトレードに挑戦してみたい」という方も多いのではないでしょうか?FX上級者の中には、システムトレードで成功しているトレーダーが多く存在します。システムトレードは、FXを極めたトレーダーの終着点なのかもしれません。さて、これから自動売買(システムトレード)に挑戦したい方は、まず「売買戦略選択型」のツールをオススメしたいところ。状況に合わせて戦略を変更できる上、難しいプログラミングが必須ではありません。「売買戦略選択型」のメリットを確認しつつ、ツールにはどのような種類があるのか?などについて紹介します。

売買戦略選択型ツールとは?そのメリットは代えがたい「シンプルさ」

FX取引には、「裁量トレード」と「システムトレード」がありますが、システムトレードの中にもいくつかの種類があります。それに伴い、自動売買ツールにも種類があるということになります。1つ目の種類は、「売買戦略自作型」です。代表的なプラットフォームにMT4(メタトレーダー4)があります。これらのツールは、システムトレードの中核となる売買ルールを自作、つまり自分で考えてツールに反映するものです。自由度が高い反面、上級者向けという側面があります。

2つ目は、今回オススメしている「売買戦略選択型」のツールです。代表的なプラットフォームには、ミラートレーダーなどがあります。これらのツールは、あらかじめ自動売買ツールに設定されているものから任意のルールを選択してトレードするものです。操作がシンプルで簡単という初心者にうれしいポイントがあるにもかかわらず、状況に合わせてルールを選択できるので利益を狙うことも十分に可能です。

むしろシステムトレード初心者にとって、どのような売買ルールが利益を生み出すのかを予測することは困難。自作型ツールで売買ルールを自作するよりも、売買戦略選択型ツールにあらかじめ実装されているもののほうが結果としてよい結果を生むケースも往々にあります。初めてシステムトレードに挑戦する方に売買戦略選択型をオススメする理由は、まさにそこにあるのです。それでは、実際にどのような売買戦略型ツールがあるのか詳しく見ていきましょう。

初心者でも簡単に自動売買ができる売買戦略選択型のツール

FX業者が提供しているオリジナルの自動売買ツールのうち、独自の投資理論によって売買が行われる投資戦略を選んでいくシステムのものを、その特長から更にわかりやすくカテゴライズしていくと次のようになります。ストラテジー選択型の自動売買ツールはオリジナル理論に加え、過去の実際の為替相場の中で実績が上げられるシステムだけを組み入れるとしており、理論が優秀であっても実績が伴わないシステムは採用されていないとなっています。

それはミラトレーダー上で選択できるストラテジーを提供するシステムプロバイダーの運用成果については、バックテスト機能が働かないため、トレーダー側でどのストラテジーが実績を上げているのか確認できないため。

ミラートレーダー上で動くストラテジーについての運用成果が全て報告されていて、過去1ヶ月、3ヶ月、半年などの期間を区切ってのランキングが表示され、さらに選択できる優秀なストラテジーが多ければ、それだけトレーダー側の立場に立ってサービスを提供している業者といえるでしょう。

もちろん、オリジナルで提供しているストラテジーはバックテスト機能を搭載していることが多いことから、バックテスト機能が効くストラテジー数が多い業者もそれだけ親切なサービスを提供していると言えるでしょう。

・ストラテジー選択型の自動売買ツール(売買戦略選択型)には
インヴァスト証券の「シストレ24」
FXCMジャパン証券 「ミラートレーダー」
セントラル短資FXの「ミラートレーダー」
FXトレード・フィナンシャルの「オートFX」
ひまわり証券の「エコトレFX」
セブンインベスターズ証券「7FX Mirror Trader」
フィリップ証券「ミラーFX」
アヴァトレード「ミラートレーダー」
岡三オンライン証券の「アルゴトレード365」

・テクニカル分析から自動売買をするツール(売買戦略選択型)に
FXプライム byGMO証券の「ぱっと見テクニカル」
IGマーケッツ証券の「トレーディングセントラル」

この3つのカテゴリーに、オリジナルツールではないミラートレーダーを取引ツールとして提供している業者も売買戦略選択型ツール採用FX業者です。その業者名、ミラートレーダーが利用できるシステム名は以下のようになります。

選択できる売買戦略の数では、オープンプラットフォームを利用して、そのプラットフォーム上で選択できるシステムプロバイダーのシステムをFX業者が指定するミラートレーダーが最も多くなる傾向にあります。

ミラートレーダーについての詳細については別項目を儲けてありますので、そちらをご参照いただければと思います。

売買戦略選択型のデメリットは?自作型への移行も検討していこう

売買戦略選択型ツールはこのように多くのラインナップを揃えており高い人気がありますが、反面デメリットもあります。システムトレードにこれからチャレンジする初心者にとって使いやすい一方、オリジナルにストラテジー(戦略)を組めないツールがほとんどです。

FXシステムトレーダーとしてさらなる飛躍を目指す方や、すでにセミプロレベルのトレーダーにとっては、売買戦略選択型はベストな選択とはいえません。そのため、まずは売買戦略選択型ツールでシステムトレードに慣れ、その後、売買戦略自作型への移行を検討するのがよいでしょう。とはいえ、実際のところ大半のトレーダーにとって売買戦略選択型が物足りないということはないはずです。

近年の売買戦略選択型ツールのストラテジー(戦略)は非常に優秀なものもあり、ストラテジー(戦略)と相場の相性がよければプロレベルのトレードが可能です。FXが上達するに従って、いずれは自作型への移行を検討したいものの、ほとんどの方にとっては売買戦略選択型でも適していると考えられます。ここまで、売買戦略選択型ツールとは何か?そのメリットやデメリット、どのような種類があるのか?などについて解説してきました。システムトレードへの初挑戦には、ぜひ売買戦略選択型ツールを活用してみましょう!





>> 人気ランキングを全部見る

タイプ別・自動売買ツール

自動売買ツールを使いこなせ!

FX自動売買体験談

FX業者一覧